Go言語の忘れがちなtime fomatの話

2016.12.06

この記事はGo Advent Calendar 2016 - Qiitaの7日目の記事です。 apexの話でもしようと思ったのですが時間がなく別の記事を書くことにしました。

Golangを仕事で書き始めて、もう丸2年になりますが、未だに必要になると毎回ググって調べてから利用するものがあります。 その一つがtimeパッケージのフォーマットです。 GolangではいわゆるYYYYMMDDのような形式ではなく20060102といった特定の日時をベースにした文字列で表す必要があります。

123の順で振られていること、2006年なこと等なんとなくは覚えてきているのですが、確認をしないと不安で仕方なくなります。

この2年間で最低でも10回以上はgolang time formatでググり、その度にmattnさんの記事に辿り着いていました。 同じ記事を何度も見るのは自分に負けた気になるので悲しいです。

Golangの本家の実装を見るとわかるのですがtime/format.goの130行目あたりのnextStdChunkという関数でパースをしています。

これを基に判別表を作成しました。

format about
January Month(long)
Jan Month(short)
1 Month Number
01 Month Number(zero埋め)
Monday WeekDay(long)
Mon WeekDay(short)
2 Day
_2 Day(space埋め)
02 Day(zero埋め)
15 Hour(24h)
3 Hour(12h)
03 Hour(12h,zero埋め)
4 Minute
04 Minute(zero埋め)
5 Second
05 Second(zero埋め)
2006 Year(long)
06 Year(short)
PM AM or PM
pm am or pm
MST TimeZone
Z0700 ISO8601TZ
Z070000 ISO8601TZ(seconds)
Z07 ISO8601TZ(short)
Z07:00 ISO8601TZ(colon)
Z07:00:00 ISO8601TZ(seconds/colon)
-0700 NumTimeZone
-070000 NumTimeZone(seconds)
-07 NumTimeZone(short)
-07:00 NumTimeZone(colon)
-07:00:00 NumTimeZone(seconds/colon)
.0, .00, .000, … FracSecond(trailing zeros included)
.9, .99, .999, … FracSecond(trailing zeros omitted)

またさっとYYYYMMDDで書いた時ものを置換したりしたいので、その場合のための簡単なツールを作成しました。

$ go get github.com/yudppp/gotimefmt/cmd/gotimefmt
$ gotimefmt YYYYMMDD
------------------------------------
format: 20060102
now:    20161206
------------------------------------

のようにさっとFormatと現在時間を出力されるようにしました。

timeのformatに悩まされずに済むようになりたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
<< JSONをGolangのstructに変換する
Golangで大きなcsvのインポートを速くする >>
@yudppp
Web engineer.